FC2ブログ
溢れかえる憎悪から
深い闇からの光。人生の一瞬の、真剣な語り。
プロフィール

麒麟

Author:麒麟
4500HIT越えました♪あざーっす!!

麒麟です・ω・*

最近は大学4年を向え、最後の足掻きでモーレツにバイトをしておりやすwかけもち♪
中型の免許取りに通ったり、カクテル勉強したりとか。
めっきり文、音学から離れて実地体験を積んでおりますね。。。やめたわけじゃないんすよ。

仕事にするなら身になることがいいな。何年も続く学校みたいなものに入るようなものなのかなぁと、そんな気分です。
ずーっとこの時の事を考えてきたようで、実は何も考えてこなかったのかも知れないなぁ。。。

大学で大好きな先生と酒の席で「おまえ、人生さまようよ・A・」と言われ「・・・あぁ、やっぱりすか」と答える変わり者です。どうも。な、泣いてねぇよ!!!(独り芝居)

更新遅いHP見てくださったあなた、ありがとうございます!詩は書き続けていきたいので、また見に来てやってください♪・ω・*ノ
このサイトの画像、および詩の著作権は放棄しておりません。無断転載、転用を禁じます。リンクフリーです。更新が遅いので相互リンクになりますと、少し時間をいただきます。とりあえずご一報ください♪ 麒麟   ・ω・ノシ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


詩論:境界
ちょっと詩が浮かばないので、今日は方向を変えました^^

「境界」について。ちょっと語らせていただきます。

さて、日常世界を普通に送っていると、私たちは気づかないうちに境界を渡っているものです。例えば改札を渡る時、そこでは何かが変わっているのではないでしょうか?

麒麟作の詩で「浅い闇」。あるサイト(詩遊会様)で批評していただいた所、面白い言葉を頂きました。

「浅い闇」一連目

>改札を出ると
>夜があった
>はて
>こんなに黒かったか

「改札は日常と非日常の境界であるし、個人と社会の境界でもある。」
電車に乗っている間は集まり、共用する社会の世界、改札を出た途端に自由な個人の世界になり、それぞれの家にバラバラと散っていく。
「改札」とは社会と個人の境界なのです。

そして最近書いた「入り口出口」では鏡、ガラスを使わせていただきました。(題名は変える気なんですが)
古来から日本では鏡に魂取られたり、「異世界の境界」としての意味を持っているのです。なるほど、毎日見る鏡の向こう側は現実を映してはいるものの、あくまでコピーであり、「鏡の中の世界」として現実とは別に存在しているわけです。

改札、鏡。他にも、、、
日の出(夜と朝の境界)
日の入り(昼と夜の境界)
水面、海面(見えない未知の世界との境界?)
家の窓ガラス(私的空間と公的空間の境界)
玄関(〃)

まぁ、トイレでもカラオケでも、戸をくぐればそこには境界がある。
ビルの玄関であれ、空港の搭乗口であれ。
具体的に扉を開けなくても、日の出には「境界」があるのです。

その「境界」に特別な意味を見つけられれば、それだけで一個物語が作れる。さぁ、がんばって仕事するぞー!とか、恋人に会いにいくぞー!とか、夜が明けるぞー!とか

問題はそれだけだと、面白くはならないかもしれない(笑
「昔の僕にグッバイ、新しい僕がイラク戦争を終わらせにいくのさ♪´ー`+」ぐらい弾けてた方が作品として面白いかもしれません。

ちなみに僕は境界として「海面」で何か書けないかな、と模索中。
人魚姫とか、サルベージとかが浮かんでしまう陳腐な脳みそで苦戦しております(笑

詩論:境界でした。       麒麟 ・ω・ノシ
スポンサーサイト

テーマ:紹介 - ジャンル:小説・文学


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ahurekaeruzouokara.blog21.fc2.com/tb.php/78-14ed6867


http://ahurekaeruzouokara.blog21.fc2.com/
文芸WebサーチことばCan
人気blogランキングへ←クリックしてくれるとランキングの順位があがります!お願い・ω・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。