FC2ブログ
溢れかえる憎悪から
深い闇からの光。人生の一瞬の、真剣な語り。
プロフィール

麒麟

Author:麒麟
4500HIT越えました♪あざーっす!!

麒麟です・ω・*

最近は大学4年を向え、最後の足掻きでモーレツにバイトをしておりやすwかけもち♪
中型の免許取りに通ったり、カクテル勉強したりとか。
めっきり文、音学から離れて実地体験を積んでおりますね。。。やめたわけじゃないんすよ。

仕事にするなら身になることがいいな。何年も続く学校みたいなものに入るようなものなのかなぁと、そんな気分です。
ずーっとこの時の事を考えてきたようで、実は何も考えてこなかったのかも知れないなぁ。。。

大学で大好きな先生と酒の席で「おまえ、人生さまようよ・A・」と言われ「・・・あぁ、やっぱりすか」と答える変わり者です。どうも。な、泣いてねぇよ!!!(独り芝居)

更新遅いHP見てくださったあなた、ありがとうございます!詩は書き続けていきたいので、また見に来てやってください♪・ω・*ノ
このサイトの画像、および詩の著作権は放棄しておりません。無断転載、転用を禁じます。リンクフリーです。更新が遅いので相互リンクになりますと、少し時間をいただきます。とりあえずご一報ください♪ 麒麟   ・ω・ノシ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日は整理整理!
今日は詩が書けない日(笑

いままで溜まってた詩の整理をいたしました♪
しっかし。。。
恥ずかしい作業でした=ω=;v

ツメが甘い!ってのから必要ない事書くな!とかね(笑
最近はすこしはマシになってよかった。^ω^;

_______________
詩のカテゴライズって難しくないですか?
大抵、大きなテーマはあってもそれは悲しかったり嬉しかったり明るかったり暗かったり。

一口じゃいえねぇよ´ω`*
_______________

今日はカフェで4時間ぶっつづけで宿題してました~。
まだ完成してないんだよぅ;ωC
小説の批評をする宿題なんですが。
J.D.サリンジャーを選んでしまいまして´ω`;;

彼の作品結論がないんですよ。書きにくい書きにくい。
物語をドーン!って落として投げっぱなしで終わるんです。
そこんとこどうなのよ!と言いたい。
結論書かないから考えるしかなくて。衝撃的ですよ♪

題名からして「バナナフィッシュにうってつけの日」。
なんだバナナフィッシュって!?思いませんか?(笑

すげぇよ´ω`;

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記


バランス・ゲーム
(友、というには早すぎる)

時々僕の横にいる
こいつは何を考えているんだか
どこから沸いたか知らないが
無理してる訳ではないかな

一回の交錯
月の裏側
水平線の意味
小さな凹凸

(与えすぎるな、殺られるぞ)

天秤のお皿に
大事なものを載せてみる
少し傾きすぎるから
今は重石を変えてみる

テーマ: - ジャンル:小説・文学


触れているのに
自分の手落ちを償うように
感謝を述べる
汚くはないか、とは
言いすぎだろうか

親しき中にも、とか
昔から関係は困難で
一人ならともかく
多くの人に触れるから

きっと僕らは
優しく触れ合うべきなのに
いつまでも
きっとわからない

その深みを
その感触を
変わってくれるな、とも
言いすぎだろうか

テーマ: - ジャンル:小説・文学


秋の終わりの帰り道
行きつけのカフェを出ると
吐く息が染まった
そんなつもりはなかったから
僕は驚いた

冷たい空気の中
家路を
ゆったり町が見下ろせる
お気に入りの場所を通る

遠くの景色は霧がかって
光が余計に美しい

もうすぐ冬か、とか
そんなことを思う

テーマ: - ジャンル:小説・文学


残月
やほ~♪・ω・ノシ

最近寒くなってきましたがみなさんいかがお過ごしでしょうか?
みかんとか、柿とか食い物うまくて困りますねぇ(笑

えー。
ちょっと前まで音楽に集中してて、それが終わったから最近は毎日がすごく楽です´ω`
そしてちょっぴり寂しいという、、、

「打ち込む」ってのはいいですねぇ。
精神的にほんと辛いけど、その分すっごい楽しい。
「苦あれば楽あり」とかいいますが、最近飴が甘くないんですよね~。もっと甘いはずなのに。
やっぱ苦がねぇといけねぇのかな。

次はどこへ突っ込むか。
_____
本日の発見:「残月」:夜があけてからもまだ空に残っている月。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


白夜
一晩中
見える景色が明るいだけで
夜が
白くなることはない

知らないことを
知ることは
経験を膨らます
ことにはなるが

知らない世界が
減ることは
行きたい場所が
無くなる事

とうの昔に
知ってるはずさ
行きたい場所は
そこではないと

このままだと

新たな場所で
「あぁ虚しい、、、」と
いつものセリフを
繰り返すだけで

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


風の噂
何を抱えていたのかも
大して分からないくせに
彼の輪郭
勝手に作り上げていた

風の噂で
遊んでた彼も
最近ようやく
落ち着いたとか

愛する人と
生きていくのか
いったい彼に
何があったか

もうすこし
踏み込む勇気があったなら
今頃は
たまに酒でも飲んでたろうか

彼の純粋
見てみたかった
悪いやつだと
思っていたんだ

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


辞書ってすごい。
語呂が貧弱なので補充しよう!
と思いまして辞書をパラパラめくってみました。
結構面白いんですこれが。新たな発見があるんですよー

例えば。
お葬式での「はなむけの花」ってあるじゃないですか。
「はなむけ」で漢字変換してみてください。すっごい難しい字なんですよ!
他にも木の葉がこすれ合う事を「葉擦れ」と言うらしいんです。
木々のざわめき、ささやき、と良く使うじゃないですか。
逆に「葉擦れの音」って素直に表現した方がスマートかも、とか。

一番驚いたのがこれ。

「放つ:はなつ」

意味:鼻から血が出ること。

・・・ん?

何放ってんだ?

鼻から光を放つって、、、血がドブァーって、、、

答え:隣の欄の「鼻血」の解説を読んでいました(笑

辞書ってすごい、、、(違

テーマ:日記 - ジャンル:日記


恥の壁
誇るべき
存在の支柱を
見失った
今日に

崩れ落つ
塗り固めた恥の壁
溶ける
手で塞いでも染みてくる

泥となり
手のひらより
目の中へ
「哀れだな」と

騒ぎ出す
恥辱の泥流に
埋まってく
想像以上の冷たさに

目を塞ぎ
掻き分けろ
飲み込まれ
動けなくなるぐらいなら

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


当たり前のこと
ここにある
定期的に押し出して
僕を生かしているものが

ここにある
寝床の生地の冷たさを
心地よいと触れるものが

ここにある
空の向こうに光るのが
どれ程遠いか見れるものが

ここにある
秋の夜長の霜空を
切り裂いていくものが

ここにある
繰り返してく絶望を
ましにしようとするものが

当たり前のこと
ここにある

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


落ち着いてきました´ω`
季節の変わり目で調子を崩してたみたいです^ω^;v
ご心配をかけて申し訳ないです。
コメントうれしかったわ~(笑

詩を最近更新しなかった理由はもう一つあって。
自分で提唱した「欲しかったもの特集」で書きたいものがあったんですよ。ネタはあるのに構築できなかったんですね~(笑
行くずまっちゃったんだな♪・ω・

ネタばらしちゃいます(ヲイ
人の「欲望」が強ければ強いほど、その人は立派になることができます。バンドにしてもダンスにしても、恋にしてもなんでもかんでも。
「上」と呼ばれる場所に向かうときに、犠牲になるものに焦点を当てたかったわけなんですけど。。。
ラウンドガール以降切り口に困っちゃったんですね。
社会批判するにしてもどのラインでぶつけるか。

「欲望」と「上」の言葉で文章構成しようとしたらうまくいかなかったんですねー。書きたいことがまとまらなくなっちゃうんですよ(笑

おいおいやっていきたいと思ってます´ω`;v
_________________

先日、ドライブしてきました~♪
初助手席に男をのっけましたけど、泣いてないよ俺。うん泣いてないよ。グスッ;ωC
相変わらず車ってすっげぇすね。
動く個室ですね!
ドライブ終わって、路駐していろいろ語りあったんですよ。
僕が今立ち止まっていること、彼が今戦っていること等を話しました。
みんながんばってるな~、と改めて思いました。^ω^
なんかその話したら調子悪かったの治っちゃって♪

なんて贅沢な文明だぁ~´ω`
屋外なのに個室ってどういうことだぁ~

あぁ、でも社会批判しにくくなるなぁ。。。
廃棄ガスなぁ。。。

車のすばらしさもそうですが、友人のありがたみを改めて実感した1日でした                 麒麟・ω・

テーマ:日記 - ジャンル:日記


こんな世界で
言葉の裏を
笑顔の意味を
無表情の本音を
ありがとうの真実を

僕の試す
理不尽な試練を
乗り越えてまで
会いに来てくれた

いつまでも
このままでいられない
僕はそんなの
信じない

嘘と誠を使い分け
理不尽な社会を手懐けて
供に行こう
こんな世界を

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


交わらないで
いくつもの線の
全ての願いは叶わない

交差点で
触れ合うのを怖がって
絡まった糸くず達は
交われないまま、うねうねして

それぞれが
目標点へ
動き出さなきゃ
いけなくなった

時間が来たよ、と
ど真ん中を
あの容赦ない鋏が
バラバラに引き裂いた

心残りと
わずかな望み
果たせないまま
スピードを上げた

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


味噌汁
最近母が旅行中で
家事に追われています(笑

何気に家事は一通りできるのですが。
作る料理は味噌汁オンリー。
味のコントロールが利くほどにこだわりがあるという。。。

主婦ってすごいですねぇ。
3,40年とか家事を続けるわけじゃないですか。
一人分なら大したことないですが、家族分。

しかも家族の反応は仕事疲れで薄い。

大変・ω・

愛って奴はすげぇなぁ。。。
家族ってのはすげぇなぁ。。。

母の味噌汁の深みが出せないんです。
全然違うの。これが。

食品添加物じゃないことを祈る。。。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


ドライブ♪
だめですねぇ´ω`
早速スランプかな(笑
書いてはいるんですが、煮れば煮るほどつまらなくなってしまいます。
むむむ~
簡単ではないね(笑

_________

話は変わって、今日はドライブしてきました♪
免許とってからなかなか乗れなかった車。
楽しかったー♪

でもね。・ω・
なにも初心者がね。
夜中の熱海、箱根峠を走る事はないと思うんですよ。
うんとね。
気が狂いそうになりました♪(待て

先が見えない知らない夜道。
後ろの車に煽られ。
90度カーブの連続。(見通しが利かない
対向車のハイライトで目が眩む。

殺す気か。とほんとに思いました。ほんとに。;ω;

帰り道気をつけてくださいね。。。
みんなガンガン飛ばすから。。。

でも楽しかった♪
スリルが(ヲイ

夏の結晶
空が朽ちて
葉が落ちて
年を終わらせる
雨が降る

芯が冷える
埃色の雨
頭上で匂う
底知れぬ雲

夏の夢が
思い出が
悪夢になって
空を舞う

季節が明けて
凍ってしまえば
少しは見れる
結晶となる

特集シリーズ:欲しかったもの
下のラウンドガールを皮切りに。
しばらく「欲しかったもの」をえぐっていこうこと思います。

「欲しかったもの」ってなんだそれ?と。

例えばTVの話。
ラウンドガールはTVに少しでも出ることを望んで
悪いプロデューサーに体を条件に
出演を決める。
でも出演時間、数秒。
少し前にTVでやってたんですよ・ω・

僕は彼女を否定してるわけじゃぁないんです。
ただ疑問があるんです。

そういう世界があるのもわかる。
本当に希望してるんならいいのかもしれない。
でもね。
代価、でかいんじゃないかと。

代価を払うと、驚くほど早く上れるかもしれない。
ねぇ、ラウンドガール。
上った世界はどうだい?と。
家族、恋人に後ろめたくはないかい?と。
お前少しは周りの気持ち考えt(本音省略

その道以外選べなかったのかなぁ、、、ってね。

「欲しかったもの」
手に入れてみて気づく。ほんとにこれか?と。

よくある話かもしれませんが。。。
隣に居てくれる人とか、家族。すばらしいじゃないですか。
「本当の幸せ」ってなんだと。
「欲しかったもの」ってなんだと。

こいつがメインです。

青二才の僕の意見だから、
きっと間違い多いんだろうなぁ、、、´ω`;;;
ほんとに満足かもしれないし
一人で生きてる人もいるわけで。
気分害したら本当に申し訳ないですm(_ _)m

                 ・ω・ 麒麟


ラウンドガール
リングの上で
板一枚を掲げるために
知らない男に
体を預け

家族があって
昔があって
制服に身をつつんだ
彼女がいた

相手には
家庭があって
子供
いるのかな

欲望の一致
終わってみれば
いつもより
長く体を洗う二人

欲しいものは何ですか?
シンプルに
目の前の坂を
上がればいい

山の上から
景色が見えて
一面に広がる
戻れない場所

板を掲げ
笑顔を撒いて
欲しかったもの
手に入ったかい?

隣に誰か
いてくれるかい?


さてさて
ひさびさだと言うのに僕は何を書いているんだが(笑

青蜜柑。・ω・
僕はみかんが大好きです。
本気出したら三日で一箱潰せるくらい大好きです(ひつこい

でも、青みかんは特別なんです。
みかんだけど、みかんじゃない。
熟れてるんだけど、熟れてない。
存在がまず詩的´ω`

まぁ、それはかっこつけで(暴露

うまいのか?といわれれば。なんか違う。
おいしいもの食いたければ柿、栗、梨でも食えばいいんです。
味は薄いんですよね。
「香りを楽しむ贅沢品」なのかなぁ、と僕は思います。
少し待てば熟れたみかんが出てきますし(笑

だからこそ!みんなも食おう、青蜜柑´ω`
贅沢な気分を味わおう♪


青みかん
終わる季節に先駆けて
いつもの八百屋に
青いそいつが山積みになる

台風と悲しみが去って
夏の後悔も
忘れそうになったころに
街にやってくる

小さなヘタの横から
親指で差し込むと
少し苦い香りが噴き出して
思い出す

また年をとったな、と
未熟なそいつを
自分と重ねて
ゆっくりと頬張る



http://ahurekaeruzouokara.blog21.fc2.com/
文芸WebサーチことばCan
人気blogランキングへ←クリックしてくれるとランキングの順位があがります!お願い・ω・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。