FC2ブログ
溢れかえる憎悪から
深い闇からの光。人生の一瞬の、真剣な語り。
プロフィール

麒麟

Author:麒麟
4500HIT越えました♪あざーっす!!

麒麟です・ω・*

最近は大学4年を向え、最後の足掻きでモーレツにバイトをしておりやすwかけもち♪
中型の免許取りに通ったり、カクテル勉強したりとか。
めっきり文、音学から離れて実地体験を積んでおりますね。。。やめたわけじゃないんすよ。

仕事にするなら身になることがいいな。何年も続く学校みたいなものに入るようなものなのかなぁと、そんな気分です。
ずーっとこの時の事を考えてきたようで、実は何も考えてこなかったのかも知れないなぁ。。。

大学で大好きな先生と酒の席で「おまえ、人生さまようよ・A・」と言われ「・・・あぁ、やっぱりすか」と答える変わり者です。どうも。な、泣いてねぇよ!!!(独り芝居)

更新遅いHP見てくださったあなた、ありがとうございます!詩は書き続けていきたいので、また見に来てやってください♪・ω・*ノ
このサイトの画像、および詩の著作権は放棄しておりません。無断転載、転用を禁じます。リンクフリーです。更新が遅いので相互リンクになりますと、少し時間をいただきます。とりあえずご一報ください♪ 麒麟   ・ω・ノシ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


青い恋
とってもとても好きでした
あなたの無邪気な愛情が
あなたの細いその腕が
本音を映さぬその瞳が

ここにいるのだ
目の前に
あなたの探してたものとは
似てやしないが
探す事は放棄しない
力なき男が

声に出さずとも
嘘が
その謎に気付いてしまえば
僕はまた、探してしまう

限りを越えてぶちまけた
欲と悲しみの楽園は
知っていた
その時を知っていた

今日もまだ、あなたへの言葉を
絞りだそうとしてるのだけれど

スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


「遠くの方で燃えている」
  あの子の瞳は遠くの方を見つめていた
  見つめ合ってはいたけれど
  その黒は、星が流れる広大な虚空よりも深く
  氷に閉じ込められたまま、燃え上がるような黒だった…

その炎に触れてしまったら
凍りついてしまうのだろうか?
僕はいつもの気付かない振りで
生温い口づけを交わした

  触れているのに遠くにある
  どこへ行く
  いつか帰ってしまうのかな
  ここは…

あの子がカーテンを一気に開けると
部屋に残った夜が裂かれてしまう
朝の光を仰ぐあの子の
輪郭だけが浮かび上がった

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


水槽の魚と夜の蝶
見渡す風景は透明な水色
水の中より君を見ていた
舞う蝶よ
しばしこちらでお休みなさい

厚いガラスに気付かぬふりで
我らはしばし寄り添おう
夜になれば
きっと境も忘れよう

羽を休める君と
水流に逆らう我と
触れ合えないが
同じ夜に寄り添おう
そして恋を語るのだ
我が髭のたゆたいを笑うのだ
ため息を、君がつく度に
月色の粉が揺れていた

水の中から眺めていたのだ

朝日と共に
羽は空に溶けた
君は何れかの水色
かの花畑へと帰ったのだろうか

明日はどこをさまよおう
この狭い水槽で
いつかの朝日と共に
我もかの海へと帰るのだろうか…

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


ありがとう、っていったら。
_______________________________

ありがとう って言ったら

永遠に さよなら になる

果てしない この旅で

どこかで いつか会おう

_______________________________

松たかこ 「桜の雨、いつか」より引用
たまには・ω・
超スタンダードな決まり文句ではありますが。

ありがとう って言ったら
さよなら  になる

一見繋がらない言葉でも「恋」を挟むと繋がる。
面白いなぁ。

つまりこれ、

A「今までありがとう」
B「うん、こちらこそ。では、さよなら」

別れ話をちゃんとして、きっぱり別れる二人のこと、ではないでしょうか。
ありがとう、とさよならという力のある言葉を、非日常的な使い方でうまくまとめたと。

目新しいか?と言われると、斬新さはないが。
メロディラインが絡まると、僕の好みのパターンど真ん中でございました。。。

松たかこ、なかなか聞かないよねぇ。。。


テーマ: - ジャンル:小説・文学


途中下車
夜行列車がつきぬけた
旅人すらも連れ去った
地を揺るがす振動と
鋭い汽笛の耳鳴りを残して

目の前の景色から
意味が抜き去られた
私は
ただ一つの事を考えていた

私は置き去られたのだ
あの列車は行ってしまった
いまや旅人ですらない
ホームに一人たたずむ

電灯が消え
その日が終わったが
耳鳴りの中
目まぐるしい渦の奥底に囚われていた

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学



http://ahurekaeruzouokara.blog21.fc2.com/
文芸WebサーチことばCan
人気blogランキングへ←クリックしてくれるとランキングの順位があがります!お願い・ω・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。